Top  ・グアムの食事へ
・ABCストア ゴールドカードでギフトをGET
グアムではABCストアで買い物をする事が多いと思います。
買い物をすると金色の紙のカード(ゴールドカード)をくれます。(毎回貰える訳ではないのでゴールドカードくださいと店員に言いましょう)
     
100ドル以上、300、500、700以上とプレゼントが貰えます。
    100ドルもABCストアで買い物をするのかと私も思いましたが、一度に100ドル以上ではなく合算でOKです。
レシートを取っておいて最終日に交換すればOKです。友達や家族との協力すれば100ドルにすぐにいきます。(日本円で約1万円ぐらいです)
    喉が渇いた時のジュースやミネラルウォータのレシートももちろん使えます。
   
   100ドル以上で私は下のマグカップを貰いました。
 
 

・グアムに行ったらこれは飲んでみたいもの
せっかくグアム旅行に行ったのだから日本にはないものを飲みたいですよね。
    ・BUD LIGHT グアムのコンビニに必ずと言っていいほど売っている「BUD LIGHT」綺麗な青い缶でどうやらビールらしいのは
 わかります。実は「BUD LIGHT」はアメリカの代表的なビールのバドワイザーのライト版です。
     BUD LIGHTは飲んでみると赤いバドワイザーとは違いとてもまろやかな味わいです。
 日本では私は飲んだ事はありません。酒屋さんに聞いたら日本でも販売しているお店はあるもののごくわずかとの事。
     とてもさっぱりしているのでとても飲みやすいです。
   
・日本円からアメリカドルに両替はどこが良いのか?
日本で両替がいいでしょう。グアムの大きめのホテルでも両替ができますが、レートがかなり悪いです。1$=100円だとすると115円ぐらいです。
    日本の都市部では金券ショップや外国人向けの両替屋さんがレートが良いようです。銀行よりも若干良いようです。
金券ショップだと大黒屋が有名です。日本で両替してもし、アメリカドルが足りなくなったらグアムで両替するのがお勧めです。
    両替は1ドル札を必ず含めましょう。(理由は次の項目を参照してください)
    意外に20ドル札が使えがって良いので何枚か用意しましょう。
    100ドル札は全体の半分以下がお勧めです。理由は盗難対策です。グアムは治安が良いですが、残念ながら盗難事件等も
    あります。100ドル札は特に目につきます。あと、お店で買い物をした時に100ドル札を出すと大抵お札を上に向けて透かしの
    確認をされます。偽札対策です。誰でもするので気を悪くしないでください。
・1ドル札は必ず用意しましょう
グアムもアメリカですのでチップの文化があります。ホテルに泊まって観光に出かける時にベッドの横のランプや時計のある机に
    1ドル札のチップを置くのが通例です。ベッドメイキングの方へのチップです。私はあらかじめ宿泊数分の1ドル札を用意しときました。
最終日も1ドル札を置いて帰りましょう。チップは1つのベッドにつき1ドルが基本です。
    
・金庫(セーフティーボックス)
金庫(セーフティーボックス)を使いましょう。ホテルの机にアクセサリー等を置いておいて夕方帰って着てなくなってもホテルはおそらく責任を
    とってくれません。貴重品は金庫(セーフティーボックス)に入れましょう。どのホテルにもあります。パスポートと現金、貴重品を入れましょう。
現金はその日に使う分だけ持ち歩き、それ以外は金庫(セーフティーボックス)に入れておきましょう。
    アメリカ人(特に男性)は財布をあまり持ち歩きません。理由は盗難対策です。財布の中にお金があるのはあたりまえですから。
ズボンのポケットにクリップのような物で止めて直に入れる人が多いようです。
・グアムの電気と水道水
グアムの電気は日本の100ボルトと違って110ボルトです。コンセントの差し込み口は日本と同じでドライヤー等は
    問題なく使えました。(長く使うと熱を持ったような気もしましたが)携帯電話等の精密機械などは壊れる可能性があるので
使うのをやめた方が良いと思います。変圧器を持って行き100ボルトに変換して使いましょう。
    水道水は問題なく飲めると言われています。私も少し飲みましたが、お腹を壊すことはありませんでした。
    ただ、少し石灰のような味がしました。コンビニのミネラルウォータが無難です。500mlが99セントで売っています。
    3リットルぐらいの大きいものが割安で売っています。大人数でホテルに泊まる時は便利です。
・グアムで日本のビールとコーヒー
グアムのコンビニでは日本でおなじみの飲み物も売っています。ビールではアサヒスーパードライ、コーヒーではFIRE等
    アサヒスーパードライはグアムに限った事ではなく海外の有名なビールという事で売られているようです。
FIREは日本人観光客向けという感じです。値段は少し他の缶コーヒーより高いです。
    グアムで定番のコーヒーと言えばミスターブラウンの缶コーヒー(実は台湾のメーカーです)やスターバックスの瓶のコーヒーがあります。
スターバックスの瓶のコーヒーは日本には売っていないようなので是非飲みたいですね。
・グアムの天気と傘は必要?
グアムに雨季と乾季の両方に行きましたが、はっきり言って傘は必要ないと思いました。
    グアムでは毎日のように雨が降りますが、それも天気雨で傘は必要ないです。
すぐ止みますし、傘をささなくても問題ない程度です。(みんな差していませんでした。)
    たまにあるスコールはバケツをひっくり返したような雨で傘はほとんど役に立ちません。
でも、長くても30分ぐらいで止みます。
    必要なのは日傘ぐらいです。
・プラネットハリウッドとフーターズは閉店?
DFSの2階にあったプラネットハリウッドは2012年12月にいったら閉店していました。1階のお店の人に聞いたら閉店しましたと言われました。
    フーターズはお店はあったものの椅子が机の上に置いてあり、長期間営業していないようでした。たまたま開いていないようには
見えませんでした。
・ホテルからビーチへは何を着ていく?
タモン地区の多くのホテルからビーチへは遠くても10分ぐらいです。
    水着の上に一枚Tシャツか何か羽織っていく人がほとんどです。
帰りもタオルで拭いて一枚羽織ってホテルに戻ってシャワーを浴びる人が多いようです。
    ABCストアにもそんなような格好で飲み物を買っている人も多いです。
流石にレストランにはビーチから直接の人はいませんでした。
・ESTAは不要
ESTAはグアムでは不要です。(2014年現在)
ESTAを申請するとお金が掛かります。グアムはアメリカ本土やハワイと違い必要ありません。
    もし、事前に申請している人は入国審査でESTAを持っている人用の入国審査へ
まわされる事もあります。長い列に並ばなくてもいい時もありますが、あえてお金を払ってまでの時間節約は必要ないと思います。